アボッッフォード、アボッツフォード・ハウスは、サー・ウォルター・スコットの詩や小説に大いなるインスピレーションを与えた風景の中心にあります。

見どころ

  • アボッツフォード・ハウス‐美しい築200年のステートリーホーム、スコットランドの端に位置する作家、詩人のサー・ウォルター・スコット邸宅
  • 庭‐リージェンシーガーデン、又はアウトドアガーデンと呼ばれたこの庭は、スコット氏自らの設計をもとに作られました
  • エステート‐120エーカーの敷地内に広がる森には、スコット氏自ら植た木もあります。珍しい種類の鳥を垣間見たり、カワウソも住んでいます

スコットランドの国境に位置するツイード川のほとりにあるこのお屋敷はご家族みなさんで訪問可能です。エジンバラから一時間、日帰りで行けます。

訪問時間:4時間~5時間