エジンバラのロイヤル・マイルの端に立つホーリーロードハウス宮殿は、スコットランドでの女王の公式の居城であり、国家式典や公式行事の際に女王の公邸として使用されています。

宮殿は500年以上にわたって王室の居城であり、スコットランドの豊かな歴史と密接に関連しています。宮殿の訪問にはスコットランドのメアリー女王の歴史的なアパートメントも含まれ、このアパートメントには、彼女のイタリア人秘書であったDavid Rizzioが夫のLord Darnleyに残虐に殺害された事件を含む、彼女の短く荒れた治世に起こった数多くの劇的なエピソードが秘められています。彼女の寝室は「スコットランドで最も有名な部屋」と称されます。

宮殿のステート・アパートメントでは、1745年9月にボニー・プリンス・チャーリー(チャールズ王子)が宮殿でジャコバイトの本部を設立したときに、彼が豪華な舞踏会を催した壮大なグレートギャラリーを訪れることができます。現在、ステート・アパートメンツは代々の君主の嗜好の変化を反映しており、精巧な石膏製の天井とブリュッセル製タペストリーの比類のないコレクションで名を知られています。ロイヤル・コレクションから、ホーリーロードハウスやスコットランドと長い間関関連してきた数多くの芸術作品が展示されています。

宮殿への訪問では、壮大な岩山アーサーズ・シートを背景にして、ホーリーロードハウス修道院の遺跡と宮殿のユニークな庭園を探索する機会があります。宮殿のカフェでは、軽食や昼食からアフタヌーンティーまで、地元産の食材を使用した自家製料理を楽しむことができます。